tutuのカタ☆ログ

小娘成長記録に、カメ、ジャズ、さいたま、ときどきトーキョー、栃木。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 夏の風物詩ガメ。 | main | 湿度計ガメ。 >>

歌舞伎『十二夜』

歌舞伎座デビュー!

今話題の7月大歌舞伎『十二夜』見ました!

これが歌舞伎&歌舞伎座デビュー。
しかも蜷川演出も初めて。
初めてづくしの歌舞伎は・・・サイコー!!!

TVでちょっとやっていたので演出ネタバレじゃーんなんて
高を括っていたら度肝抜かれました。
舞台装置の場面転換が凄い。ドリフを超えてる。
どんどんと「和」をベースにした幻想的な空間がひろがります。

ストーリーはシェイクスピアだからすべて台詞で
説明してくれます。イヤホンなしで大丈夫。
どの役者さんも熟練した台詞回しでほれぼれしました。かっこいい。
ただし言葉遊びも多いので聞き逃したり「どういうこと?」と
考えてるとおいていかれます。キープ☆ザ・集中力!
でも2幕はちょっと眠かったかな。

噂の尾上菊之助氏、いやあ、美しい。
たたずまいがすでに神々しく美しい。
すっと立っているだけで「はぁぁ」と会場中にため息つかせて
しまうような、当代きっての妖艶さですね。
声のハリの若々しさも魅力的。
淡い色合いの衣装が、その刹那な美になんとも似合っています。
今この瞬間をみておかないともったいない役者さんです。

一緒に行ってくれたマダムMは、会場で「実は菊之助ファンなの」と
白状しました。あはは、わかるわあ。
近くのおばさんは歌舞伎も好きだけど宝塚と大地真央も好きと
言っていました。なるほど、通じるものあるなあ。

私は昼の幕見席(当日券。1幕ずつ購入できる)を3幕とおしで
購入して見ました。先に並んでいてくれた連れのマダムMが
10時前の到着でも2列目正面真ん中に座れました。
マダムMサンキュー☆
花道は見えませんが全体が見渡せて十分でしたよ。

今回の舞台装置では鏡が多様されています。
それが奥行きを出して幻想的な効果をもたらすのはもちろん、
花道がちょっとだけ見えて幕見席の身にはありがたかったです。

初の歌舞伎体験がおもしろかったのがすごくうれしいですが、
歌舞伎×シェイクスピア×蜷川と個性の強いもの同士の相乗効果での
面白みのため、どの面白みがどの特性かが判断できませんでした。
次回古典的な歌舞伎を見たら「あれ?」となるかもなと
覚悟しながら、ゆっくり歌舞伎にはまっていこうと思います。

まずは8月納涼歌舞伎の幕見席だね、わが友マダムMよ。
来月も楽しみだなあ♪
オトログ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事にコメント!

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tutu.jugem.jp/trackback/204
この記事にトラックバック!
dff クリックで救える命がある。  Amazon.co.jpアソシエイト