tutuのカタ☆ログ

小娘成長記録に、カメ、ジャズ、さいたま、ときどきトーキョー、栃木。
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 9月の骨董市ご報告。 | main | CD:SARAH VAUGHAN "枯葉" >>

250円でどうですか。

う骨鶏

実家の写真から、烏骨鶏ファミリー。
この子達、なんともいえずかわいいのです。
半径1、2m内で集団行動しています。その輪が庭中移動します。
5月の連休のとき、ヒナは3、4羽でした。さらにちょっと増えた
気がします。

会社で烏骨鶏の話をしたら、鶏かちゃぼと勘違いしてるんじゃ
ないか?とえらい責められました。

えー、烏骨鶏ですって。卵が茶色いし、もみあげみたいな足毛
まで生えてますよ。

と反論も聞き入れてもらえず、どこぞのホームページから
烏骨鶏の写真をプリントアウトされ、「これが烏骨鶏という
生き物だよ」と教育されてしまいました。
だから、これだってば。

やっと信じてもらえましたが、「卵はめったに産まない」
「だから増えない」「卵は1個500円」とさらに教育モード。
うちの烏骨鶏さんは庭のあちらこちらにちょこちょこ生んでたし、
ひなが育ってますよ。この写真も半分以上ひなだし。

「ありえない」「雌鳥が多いから毎日のように産んでいる
ように感じるんじゃないか」
・・・なんでこの人は私を信じないんだろう?
という不信感はさておき、あんな小さい卵に高値がつくんですね。

よし、じゃああなたには特別に250円箱付で通販してあげます。

と言ったら話が終わってしまいました。
ハレログ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事にコメント!

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tutu.jugem.jp/trackback/69
この記事にトラックバック!
dff クリックで救える命がある。  Amazon.co.jpアソシエイト